藤木直人さんが大好き


by ジェイ

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

MAIL

メールはこちらから
お待ちしてます♪

カテゴリ

直人全般
おしゃれイズム
TOYOTA Athlete Beat
ミュージシャン直人
西郷どん
魔都夜曲
母になる
嘘の戦争
THE LAST COP
私結婚できないんじゃなくて、しないんです
尺には尺を
叡古教授の事件簿
37.5°Cの涙
心がポキッとね
海辺のカフカ
信長協奏曲
ドクターX
ラストシンデレラ
女信長
神様のボート
HUNTER×HUNTER
御鑓拝借
PRICELESS
平清盛
映画ホタルノヒカリ
三毛猫ホームズの推理
専業主婦探偵
幸せになろうよ
CONTROL
徳川慶喜
ホタルノヒカリ2
TRICK
シバトラ
泣かないと決めた日
最後の約束
イケ麺新そば屋探偵
20世紀少年
夜光の階段
イケ麺そば屋探偵
BABY BABY BABY!
冬の絵空
花より男子F
ホタルノヒカリ
ハシワタシ
かもしれない女優たち2016
日常
その他
FINAL CUT
リメンバー・ミー

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

検索

台湾ライブへの道 その1

[記事内の写真、変更しました]
さて、いまさらですが、自分の記録の意味でも台湾行きのことを残しておこうかと。
長いです。実際のライブの話にはまだまだなりません(笑)。
私のどうでもいい話なので、ライブレポが読みたい方にはオススメしません(爆)。
(写真↓に替えました)
e0152690_01403994.jpeg
ながくなるのでPCの方はたたみますね。
(下の文字をクリックしてね)





直人が『魔都夜曲』の前に上海へ行った際、現地のテレビ番組だったかで、「ライブで来ることもあるかもしれない」と発言したことで、「これはもうきっと決まっているんだな」と皆が思い(笑)、でも、まさかその半年後に自分が海外公演に参加できるなんて思ってもみなかった。
あの直人の上海での発言の後、私もとりあえず上海行きのフリープランのツアーなどを調べてみたりして・・・(笑)。
あるならいつかなぁ・・・
行きたいなぁ・・・
年内なら行かれるかなぁ・・・
1〜2月は大学受験と重なるからさすがに行かれないなぁ・・・
と、とりあえずはそんなことを考えていたものの、その後何の発表もなく。
『魔都夜曲』が終わり、今度はライブツアーだな・・・という頃、8月の下旬かな、オフィシャルでは何の発表もないのに、現地からの情報が先に届いて、今度は台湾行きの検索も始めたりなんかして(笑)。

結局、国内のライブツアーが始まってから正式発表されたんでしたっけ?
香港・台湾公演の日程発表からまた時間をおいてオフィシャルのJTBのツアーの発表だったと思うのですが、その頃は「行きたいなぁ」「行こうよ~!」と周りに声をかけてみるものの、「行かれない」の返事ばかりで、一人でも行っちゃおうか、いや、さすがに海外だし今回は我慢するか、の考えが頭をぐるぐるしていたわけでして・・・。
香港は週の真ん中だったので仕事も家庭もちょっとなぁ・・・、行くなら台湾だよなぁ・・・。

娘に以前「上海でライブがあるかもしれないんだよねぇ・・・行きたいなぁ・・・」という話をしていたのだが、結局香港・台湾が発表になったと言ったら「いつ?」「11月」「よかったね、(自分の受験期じゃないから)行かれるじゃん!(笑)」「でもさ~、台湾に一緒に行こうって言っても誰も乗ってくれないんだよねぇ」なんて会話になり。
近くでそれを聞いていた夫が「海外で(ライブ)なんてやるんだ?人(お客さん)来るの?」などと言うので「失礼な!(笑)日本でライブやっても、そっちから観に来るファンも結構いるし、舞台とかライブの時にお花もいっぱい贈られるんだよ」と言ったら、「そういえば、前に〇〇(地方の事業所)に行った時、(事業所の人たちと行った)スナックのママが韓国の人で、藤木直人のファンだって言ってた」と。
え?!何、その情報?なんで今頃ぶっこんでくる?みたいな(爆)。
話はそれたものの、別に私が台湾ライブに行きたいと思っていることに対しては何の突っ込みもなかったので、そこは一安心(笑)。

一人で海外は行ったことがない、いうハードルもあったけれど、台湾はたまたま去年家族で行ったばかりで(そのおかげで久しぶりにパスポートも作ったし)、町の様子や交通機関を利用したことも、まだしっかりと記憶に残っていたので、そこもちょっと運命を感じたというか。
いつまで自分が健康でいられるかなんてわからないし、一番の懸念材料は高齢の両親で、今は元気だけれどそれこそ来年はどうなっているかわからないので、もしかしたら国内のツアーでさえも今までと同じようには行かれなくなるかもしれない。
日程も今回の台湾なら金曜日に仕事を休めれば行かれるし、日によってはどうしても休めない時もあるけれど、11月17日は休んでも問題ない日で、行かれない要素はない。

何日間か悩んだけれど、最終的には「もし次回海外公演があったとしても、行かれるかどうかわからない、これが最初で最後のチャンスかもしれない」と思って、チケットが入手出来たら行こうと決めました。

オフィシャルツアーは詳細が分かる前から代金が高いのは明らかだったので、自力で行く場合をいろいろ調べていたのですが、去年台湾へ行った時に利用した阪急交通社のツアーなどをチェック。
LCCを使った安いツアー(フリープラン)で宿泊も航空機の往復も全部込みで27,000円というのがあって、そんなに安く行かれるのか・・・とビックリ!
肝心のライブチケットも本当に自力で買うには中国語の壁があり、どうなのかよくわからなかったけれど、代行会社に問い合わせてみると日本人の方が対応しているようで、メールの文章もしっかりとしたものだったし、購入の仕組みもわかりやすかったので、そこでお願いすることに。
万が一、チケット詐欺だったとしても(笑)、そこは自己責任で、台湾観光して帰って来ればいいや、というスタンスで申し込む、それが嫌ならJTBのツアーで行くしかないわけで。
代行会社からはチケットの画像も送られてきて、現地での受け取りと、自宅への発送と、どちらも選べたのですが、送料はかかるものの自宅へ送ってもらった方がまあ安心かなと思い、送ってもらうことに。

チケットが確保出来た時点で、会社にも休みを取るOKをもらい、今度は飛行機と宿の確保ですが、最初にチェックしていた27,000円のプランは残念ながら売り切れてしまったようで、そこからいろいろ調べて、次に安いのは飛行機と宿を別々に取るパターンだったので(タイガーエア利用の場合)、最初に一番安いところで飛行機をおさえた。
LCCでも、時間帯によって金額はだいぶ違うんですね。
一番安い羽田の早朝発だと金曜日の朝は家にいられない。今まで、自分の中のルールで平日の朝は家を空けない、というのがあって、それを守れないのはちょっと引っかかるところではあったけれど、木曜日の夜遅くに家を出るなら金曜日の朝の支度もしておけるし、ちょうど金曜日は娘が選択科目の関係で午前中授業=お弁当不要だし、最小限のルール違反で済ませられる。

宿はとにかくたくさんあるのでそこから多分5日間くらいは毎日毎日暇さえあればずーっと予約サイトをチェックしていたくらい(笑)。
いや~、今って本当に便利ですねぇ。ネットで簡単に海外のホテルを見つけて予約出来る。
いくつかの予約サイトでとりあえずいっぱいおさえて考えて、もっと良さそうなところが見つかったらまたおさえて・・・そんなことばかりやっていた(笑)。
自分が独身の頃にこんな簡単なシステムがあったら、本当に便利だっただろうになぁ・・・。

そんなこんなで無事に台湾行きを決めた後に豊洲2daysがあり、ライブ後にばったり会った友人2人組に「ねぇねぇ、台湾行こうよ~!」と誘ったら「え~、そりゃあ行きたいけどさ~、チケットとかとれるのかわからないし・・・」と迷っている様子だったので(みんな、ハナからオフィシャルツアーで行くつもりがないという・・・苦笑)、そのまま打ち上げに誘って、一緒に飲みながら自分が取ったチケット代行会社を紹介したりなんかして、そしたらあれよあれよと言う間にすっかり行く気持ちを固めてくれて、その日のうちにチケットも申し込みしたという・・・(笑)。
さらに、後日もう一人の友人もライブのMCで直人に直接「(海外公演)来てね!」と誘われてすっかり行く気になってくれたので(笑)、また同じチケット代行会社を紹介。
皆、無事にチケットが調達でき、これで私も現地で合流できる友人ができて、まだ実感はなかったけれど、このあたりでより台湾公演が楽しみになってきました。

そうそう、チケットを取ってから台湾行きのことはしばらく家族に言っていなくて(笑)、夫には豊洲2daysの1日目に「今日と明日、出かけまーす♪」と用意した夕飯の説明などをした時についでに言っておこうと思い(ついでかい!)、
私「あ、台湾も行きまーす♪」
夫「ふーん」
・・・えぇ?!「ふーん」だけ?(爆)
夫「一緒に行く人見つかったんだ」
私「誰も一緒に行ってくれないから、一人で行っちゃうことにした」
夫「・・・(無反応)」
・・・こんなもんです(笑)。基本、夫は私の行動にそれほど興味がないので(^_^;)

こうして台湾行きが決まってからは、去年買ったガイドブックで復習したり、持ち物を調達したり。
LCCは初めてだったのですが、タイガーエアは荷物の重さ制限があるので(どこもそうなのかな?追加料金を払えば何キロまでとか増やせる)、少しでも軽くなるように持ち歩き用のバッグも新しいものを買ったり、スニーカーを買ったり(笑)。

行きの便は11/17(金)羽田発 午前5:00、チェックインは午前3:00・・・午前3時までに着くためには車で行くか、前日夜の終電で行って空港で待っているしかありません(^_^;)
車で行って帰りまで空港の駐車場に置いておくのもなんなので、前日の終電で行って空港内で待つパターンを選ぶ。
52歳、空港内のベンチで寝る日が来るとは思ってもいませんでした(爆)。

11/16(木)は元々仕事が休みなので、日中は家事と買い物、その日の夕食の支度と翌日の朝食と夕食の支度をし、最終的に自分の荷造りを済ませ、夜は食事もお風呂も済ませて家を出る手順です。
夜11時近くにいざ家を出る時、夫と子供たちが「行ってらっしゃい」と、特に夫と娘は玄関で見送ってくれ、娘はいつものように「楽しんできてね」と。
私が玄関のドアを閉めたら夫がすぐに鍵をかけたので、どうやらさっさと戸締りをしたかっただけでのようですが・・・(爆)。

その時にまた思いだしちゃったよ。
初めて直人のライブに参加した時のこと。
(ここでも何度か言ったと思いますが・・・。)
まず、行きたいと言い出すのにも勇気が必要だったし、平日のライブはいろいろハードルが高かった。
幼い子供たちを留守番させるわけにはいかなし、かと言って夫が仕事から帰ってきてから出かけるのではライブに間に合わない。
2002年6月14日、ver4.0のファイナルの日、小1の息子と2歳の娘を夫の会社近くのファミレスまで車で連れて行き、夫の仕事が終わるのを待った。
夫にはほぼ定時で仕事を終えてもらいファミレスで合流し、私は東京国際フォーラムへ、夫は子供たちを車で連れて帰ってくれた。

あの時、勇気を出してライブに行きたいと言ったこと、あの一歩を踏み出せたおかげで、直人のライブの楽しさを知ったのだ。
あの時小1だった息子は来春には大学を卒業して(卒業出来るのか?爆)社会人、2歳だった娘は今月18歳になり、私は海外公演に行くことも出来るようになったんだ・・・なんて思って、駅までの道を歩きながら胸が熱くなった。
家族よ、ありがとう。

[PR]
by ジェイ by j-0719 | 2017-11-23 18:31 | ミュージシャン直人 | Comments(0)